バカボンのパパも言っている「これでいいのだ」と

   2017/05/25

f:id:labelmap:20160615105503j:plain

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己です。

 

コーチングで結果を出すのが早い人は、行動が早い

という話をしましたが、なぜそれが良いのか?

 

あるアイディアがあって、それを実行に移すわけですが、

その段階では、それがうまくいくのか?

は正直やってみないとわかりません。

 

頭の中で考えるのと実際やってみて、

違ったという経験は誰にもあると思います。

 

やってみて、そのアイディアが良ければ、

更によくなるためにはどうしたら良いのか?

を考えることができるし、

 

やってダメだったら、

じゃあ、どうすればできるのか?

を考えることができる。

 

でも、やらなければ何も見えてこないので

 

やることが明確になったら、まずはやってみる。

やってダメなら修正する。

 

あれこれ考えず、

 

「これでいいのだ」とまずはやってみる。

 

やりながら修正を繰り返すことが、結局は近道です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。