髪を切ったんですね ラベルマップコーチ岸本拓己

 

人を褒めることは得意ですか?                         

 

おべっかではなく心から相手を褒める。

「自分は自信がある。」と言う人もいるでしょうし、

「いや、わかってはいるけど恥ずかしくて、うまくできていない」

という人もいるでしょうね。

f:id:labelmap:20160628141218p:plain

 

 

私の「コミュニケーションスキルセミナー」では、

3~4名のグループになって、1人の人を、
残りのメンバーが、(その人の良いところを見つけてほめる)ワークをやっています。

 

 

そのワークの後に感想を述べてもらいますが、以下のような感想が多いです。

 

・「恥ずかしいけど嬉しかった。こんなに褒められたことがなかったので」

・「褒められることがこんなに気持ちが良いものだとは知らなかった」

・「子どもの良いところを見つけて、褒めてあげたいと思いました」

・「部下の良いところをもっと積極的に褒めます。今までの自分を反省しました」

 

褒めることが前提でワークをやっているのに、それでもこんな感想を素直に話してくれます。

 

そんな前提のない状況で褒められたら、もっと嬉しいと思いませんか?

 

今まで、あまり子供を褒めたことのないお父さん、お母さん。

今まで部下の欠点ばかりを指摘していた上司の皆さん。

相手の良いところを見つけて、褒めてみましょう。

 

きっと、褒められた相手は、やる気になって、もっと褒めてもらえる様に頑張る事でしょう。

 

でも、良いことだとわかっても、今までやりなれないから、

「恥ずかしい」

「何を褒めればよいかわからない」という方。

大丈夫です。

 

相手のちょっとした変化に気づいて、それを言ってあげれば良いのです。

 

例えば、
「新しい、靴に変えたんですね」とか、

「髪、切ったんですね」とかで良いです。

 

それだけでも相手は、「自分のことを見てくれているんだ」

とうれしくなります。

 

今日から、あなたもほめ上手です。

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

起業家のためのラベルマップコーチ

岸本拓己

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。