あなたが行動できない原因はあなたではなく、目標の側にある

   2017/05/23

やりたいこと、やるべきことの中から、「明日できること」を

右のページに移動する。

 

と前回の投稿で書きましたが、

 

中には、「明日できることがありません」という場合があります。

 

その際は、左側のやるべきリストの目標が大きい場合がありますので、

 

それを細かな行動に分ける必要があります。

 

 

例えば、先日の相談者さんの場合。

 

 

「セミナーをする」という項目がありました。

 

これをそのままにすると、いつまでも行動できません。

 

 

これを、

  1. セミナーの開催日時を決める。
  2. セミナー会場を探す。
  3. 会場を予約する
  4. 告知する
  5. チラシを作る
  6. コンテンツを考える。
  7. ○○○○
  8. ○○○○
  9. ○○○○
  10. ○○○○

 

こういう風に分解すると明日やれることが見つかりますね。

 

セミナーの会場を調べることはすぐできそうです。

f:id:labelmap:20160728204620j:plain

 

 

 

「明日できることが無い」という前に、

 

「明日できることは何があるか?」を考えてみましょう。

 

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。