コミュニケーションが良くなる秘密の聞き方 ってあるんだね

   2017/05/22

【想いが現れる。】

f:id:labelmap:20160810220742j:plain

  
 コミュニケーションのセミナーをする際に
こんなワークをすることがあります。
                              
参加者を、A,B,Cの三つのグールプに分けて、
Aさんには、
「仕事をするうえで、大切にしている事」
を話してもらいます。
                                 
そして、BさんとCさんに別々に、
話を聞いてもらいます。 
                            
聞き役のBさん、Cさんには
Aさんには内緒で別々の指示を出します。
                                                                
Bさんには、
「あなたの考えは間違っている、私の方が正しい」
という思いを持って聞いてください。
                                    
Cさんには、
「あなたの考え方は、理解できる。」
という思いで聞いてください。
                                     
Bさん、Cさんには
「聞く際には、普通の表情・
普通の態度で聞くようにしてください。」
という指示を出して、ワークを行います。
                                                                                  
そして、二人に話を終えた後、Aさんに、
感想を聞いてみると、
「Bさんには、なんとなく話ずらかった。
ちゃんと話を聞いてもらえていない感じがした。」
                                 
「Cさんとは安心して話すことができた。」
という感想を述べます。
                                
Bさん、Cさんには
「聞く際には、普通の表情・普通の態度
で聞くようにしてください。」
と指示を出しているにもかかわらず。
このような結果になります。
                      
知らず知らずに、
考えている事、思っていることが
雰囲気として伝わっているんでしょうね。  

                    
このことからも、
人の話を聞く際は、「まずは、相手を認める」
という気持ちを持って接することが大切だなぁ、
と思います.

コミュニケーションの質は、聞き方の質によって変わるんです。

沖縄名護やんばる発コーチング

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。