集中力が身につく15分読書法

   2017/05/27

思いつきで始めた15分読書。

 

タイマーをセットして、「15分だけ」、と決めて読書する。

 

始めて1年半くらいなりますが、

 

 これ、かなり良い感じで続けられています。

f:id:labelmap:20160607141244j:plain

 

「ちょっと今日は、読む気しないなぁ」という日でも、

 

「15分だけならやってみるか」となり、

 

 

15分読み終わると、「続きを読みたい」となります。

 

 

しかしその場合でも、15分でいったん止めて、

少し休憩して、又15分。

f:id:labelmap:20160713114352j:plain

 

 

もちろん15分で止めてもOK。それが無理なく楽しく読むコツです。

 

たった15分なので、誰でも出来きると思います。

 

 

15分が無理なら10分でもOK。

私はちょっと時間があると出勤前の5分だけとか、

 

待ち合わせの10分とか、短い時間を利用して読むことがあります。

 

 

 

 

だらだら読むよりメリハリが

  あり集中して読めて良いですよ。

 

 

 

15分と時間を決めるのがイヤ、という人は、

 

「5ページだけ」とかページ数を決めるのも良いですよ。

 

 

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。