その効果にびっくりの付箋ノート

   2017/05/22

「あれもやりたい」

「これもやらなければ、」

「いや、こっちの方が先か?」

 

ひとつのことをやっているときに、

 

何かの拍子で、別のことを思い出し、

 

「そうだ、あれもやらなければ」

と思い出して、

 

 

今やっていることに身が入らなかったり、

 

あるいは、今やっていることをほったらかして、

 

 

別のことをはじめたりする。

 

そんなことはないですか?

 

 

先日も、コーチングセッションを受けた方がそうでした。

 

優先順位がつけられず、

目の前に迫っていることから

 

手を付けるのだが、

 

その最中に他のものを思い出して、

 

今やつていることが手につかない。

 

頭の中がごちゃごちゃ。

 

 

 

そんな時、頭の中にあるものをノートに書き出す。

 

 

という方法もあると思いますが、

 

 

 

私がお勧めしているのは、それを付箋に書くことです。

 

 

取りあえず、頭の中にあるものを

 

1個1個、付箋に書いて、

          それをノートに貼っていきます。

 

 

そうして張った付箋を眺めて、

 

すぐにできそうなものから

順序良く並べていきます。

f:id:labelmap:20160805112333j:plain

 

 

後は、順序良く実行するだけです。

 

そうすることで、他のことが気にならなくなり、

目の前のことに集中できます。

 

これはやってみたら良く分かります。

 

 

 

先日体験コーチングをした方も、

同じようにして、付箋を並べ

まず、翌日にやることを6個ピックアップして終わりました。

 

 

その後、ご本人より

 

「翌日にやる予定だったタスクの内、

 

その日で3個、既に終わりました。」

 

と嬉しい報告が、

 

 

 

頭の整理ができると、行動も早くなりますね。

 

 

付箋は、ノートに書くのとは違って、

 

動かすことができるので、お勧めしています。

 

 

先の方もノートには何度か書いたことはあるが、

 

 

付箋を使ったことは、初めてで、

 

その違い、効果にびっくりしてました。

 

 

そして、「もんもんもやもや」から、

 

「すっきり」に変わりました。

 

『ゴールへの地図』とコーチングで目標達成をサポートする

ラベルマップコーチング。体験者の声はこちらから

http://labelmap.hatenablog.com/entry/2016/09/08/143501

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。