コーチングは自分で気づくことだった

   2017/05/22

学習塾を経営しているMさん。

 

「どうすれば子供たちが主体的に勉強するようになるか?」

と模索している、Mさんとのコーチングセッション。

 

今日は、ご本人の口から、

「そうか、なるほど。そうですね」という言葉が何度も出ました。

 

そして、

今日のコーチングを終えてからの、Mさんの感想が、

「話をしながら、自分の考えが整理されていきました。

自分の様に、一人で経営していると、

相談できる人がいないし、

自分を振り返ることがなかなかできないので、

こうしてコーチングを受けることで、

自分の振り返りができてとても良いです。

今日も気付きが多かったです。」

と話していました。

 

f:id:labelmap:20161207221434j:plain

コーチングでは、考えていることを口にすることで自分の考えがまとまったり、

普段は意識していない自分の考えに気づいたりすることが良くあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ゴールへの地図】体験コーチング。1月募集、残り5名です。

10月満席

11月満席

12月満席

1月の募集はこちらから

http://labelmap.hatenablog.com/entry/2016/11/29/114539

 

 

 

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。