「A」か「B」かではなくて、「C」で解決する ラベルマップコーチング

   2017/05/23

【その言葉を聞くことが大好きなんです。】

 

 『A』を取るか?、「B」を取るか?

体験コーチングで、たくさんの方の悩みを聞いていると、

 

 

『A』か「B」で悩んでいる人が結構います。

 

 『A』を選んで失敗したらどうしよう?

 

でも、「B」を選んでも、自分らしくない。

 

 

「どうしたら良いんだろう?」

f:id:labelmap:20170107222337j:plain

 

どっちを選べば良い方向に行くのか、先が見えないので、

 

決断できずに、頭の中で考えてばかりで

 

行動できないパターンの人が多いです。

 

そんな方も、コーチングで視点を変えることで、

 

 

『A』か「B」では無く、

 

【C】の方法があることに気付くと、

 

 

「なるほど、そんな方法があったんですね。

それならやれそうですね。

 何で今まで気づかなかったんだろう?」

と、

面白いことに、

 

ほとんどの方が、まったく同じ感想を述べます。

 

 

自分の頭の中では、グルグル回っている事が、

人に話をして、アウトプットすること、

 

 

更にコーチングの質問で、

 

自分の中にある気持ちに向き合うことで

 

視点が変わって、

 

今まで思いつかなかった答えに巡り合うことができるんですね。

 

 

そして、これもまた皆さん同じ感想なんですが、

 

帰る時に

 

「ワクワクしてきました」と言って帰っていきます。

 

 

私はその言葉を聞くことが大好きなんです。

 

たった1回のセッションでゴールが見え、

達成までの道のりを創り出す

ラベルマップコーチ岸本拓己

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。