沖縄レストランのオーナーのコーチング、接客コーチング

 

【自分の限界を疑ってみる】

私たちは自分で勝手に自分の限界を決めています。
「ビジネスで月収100万円を得るのは無理だ」
「私は人見知りだから営業ができない」
「ダイエットは無理」
「起業なんて私には無理」
「お金がないから無理」
「田舎だから無理」
「○○だから、できない」等等
  
  

すべて自分で決めています。
  
  

自分の殻を破るためには、
1度自分の限界を疑ってみましょう。
  
自分の思い込みを外してみましょう。
  
  
 

先日、あるレストランのオーナーさんとのコーチング。
   

彼女は、レストランが休みの日に月1回の
料理教室をやっています。
  
  

毎月1回、4~5名の方が参加しています。
  
  

その彼女にこんな質問をしました。
「もし、自分の限界を破って、
思い切りやりたいこと
ができるとしたらどんなことをしたいですか?」
  
  

彼女の答えが、
「月10回の教室をして、1回に10人集めて
100名の料理教室を開きたい」
でした。
 
  
  

「それをするためには、
どうしたら良いと思いますか?」
と質問をすると、
しばらく沈黙があった後に、
   
  

「これまでのお店の運営を
すべて自分ひとりで切り盛り
していたが、それをスタッフにも
任せられるようにする。」
そして自分の時間をもっとたくさん作る」
という答えが返ってきました。
  
  

コーチングを終えた彼女は
早速そのことをスタッフに話しました。
  
  

まずは、彼女が作っている食後のデザートを
週1回、スタッフにまかせてみることから始めることに
なったそうです。
  
  

メッセンジャーでこんな報告がありました。
  
  

「コーチング受けた後、店に帰って、
早速、スタッフの若い子に
1週間に一度でいいから、
自分でスイーツ作ってみない?
と話したら、快くやってみますと言ってくれて、
楽しみです😊 これまではスタッフに任せる
ということを考えてみたことが無かったので
新しい発見です。」
  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1、 まずは自分のなりたい姿を明確にしましょう。
思い切りなりたい姿を、
自分の心が喜ぶワクワクする姿を
明確にしてください。
できる、できないでは無く、
やりたいか、やりたくないかで判断しましょう。

  
  

2、 次に「どうすればそれができるか?」
を自分に問い続ける。
  
  

3、 出てきた答えを実行に移す。
  

頭の中だけで考えているだけでは無く
行動に移すこと。
「失敗したらどうしよう」
「人に笑われるんじゃないか」
と考えている暇に、
時間はどんどんどんどん過ぎていきます。
まずは行動しましょう。
  
  

失敗したら、そこから学ぶことがあります。
  
 

成功したら、そこからも学ぶことがあります。
  
でも、
何もしなければ、なにも学べません。
  
  

あなた頭の中にあることを空想のままで
終わらせないように、
まずは動いてみましょう。
早速、今日から、今から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。