沖縄のカフェの店長が自分を変える為にコーチングレッスン

 

「短気でせっかちな性格をなおして、
自分を変えたい。
思いやりがあり器の大きな人になりたい。
店長として、スタッフから信頼される人
になりたい。」とのことでコーチングを
学び始めた受講生のUさん。

1度目のコーチングで、「傾聴」の
大切さを知り、それを実践した。

これまでは、
スタッフから話しかけられても、
パソコンをしながら、話を聞いていた。

今では、パソコンの手を止めて、
スタッフに向き合って話を聞く
ようになった。

これまでは、忙しさのあまり
スタッフの話に対して、
「時間がないから、何がいいたいか
はっきり言って」と言ったり、
相手が最後まで話し終わらないうちに、
「でもさぁ」
と相手の話を否定したりすることがあった。

でも今では、スタッフの話を否定せず、
最後まで聞くようになった。

「傾聴」を意識して約2週間、
今では、スタッフの話に一つ一つ
真剣に聞くようになり、
スタッフと深い話ができるようになった。
そして、
「スタッフも本当は自分と同じ気持ちだったんだ」
と気づいたり、
その場で一緒に解決策を見出したりすることもできた。

「傾聴、は本当に大事だなぁ、
ということを身にしみて感じています。」

と言うUさんに、
今日はコーチングの「質問」と「承認」
についてのレクチャー。

今日のレッスンを終えてのUさん、
「コーチングのスキルを身に着けて
自分を変えていきたい。
今は早く帰って、このスキルを早く
実践してみたい。ワクワクしています。」
と話していました。

次のレッスンの日までに更に
変化をしたUさんに会えることが
楽しみな今日のレッスンになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。