聞いているつもりだった。

 

「家族との関係を良くしたい。

コミュニケーションの質を改善したい」

とのことで体験コーチングに来てくれKさん。

Kさんは、思ったらすぐに行動するタイプの人で、

職場でもリーダータイプの人です。

それに対して結婚して2児の母親となった娘さんは、

家事に時間がかかり行動が遅いタイプ。

Kさんは娘さんに対して

本人のためにと、

いろいろアドバイスをするそうです。

「もう少し部屋を綺麗に片づけた方が良いよ」

とか、

「子供との接し方はもっと○○○した方が良いよ」

とか、

「手際よくやる為には○○○した方が良いよ」

とか、

それに対して娘さんは、イライラを募らせて、

けんか腰になることも。

私はそんなKさんに、

コーチングのスキル「傾聴」・「承認」・

「質問」を勧めました。

アドバイスや意見を言う前に、

まずはしっかり娘さんの話を聞いてみましょう。

「へぇ~、そうなんだ」

「なるほど、そう思っているんだね」
と、

相手の気持ちを認めてあげて、

まずは聞いて共感してあげましょう。

(相手の意見を批判せずに)

その上で、

「じゃぁ、あなたはどうなりたいの?」

「あなたはどうした方が良いと思っているの?」

と聞いてあげてください。

そして、アドバイスをするのではなく、

娘さん自ら行動の決定をさせてください。

と、

この様に話しました。

そんなKさんから、

「娘の話をしっかり聞くことを意識してから、
娘との会話が増えました。

娘から相談することも多くなってきたように感じています。

でも、まだ、ついつい自分の考えを主張してしまうこともありますが、
『おっと、いけない。』と気づいて反省しています。

職場でも、これまでは自分の話ばかりしていたような気がしますが、

意識して他の人の話を聞くようにしてからは、

イライラすることも少なくなってきました。

今まで本当に、聞いているつもりになっていて、

話をちゃんと聞いていなかったんだなぁ、と思っています。

これからも、娘だけではなく、
人の話をしっかり聞いていきたいと思います。

傾聴って大切ですね。」

との報告がありました。

もし、

家庭でのコミュニケーションがうまくいっていない、

職場でのコミュニケーションがうまくいっていない、

と感じていたら、

コミュニケーションが一方通行になっていないか?

相手の話を、批判することなく聞けているか?

相手の存在を認めているか?

今一度、

自分の接し方、態度を振り返ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。